土地探し

新築住宅:土地探し-2

 住みたい場所について具体的な地名を挙げることができない場合は まず,住んでみたい環境をイメージしてください。そして,地図を広げて そのイメージにあったところをいくつかピックアップしてください。ピックアップされた場所は,多分 何かのついでに立ち寄ったことのある場所だと思います。そして,その場所を3??5個所くらいに絞り込みましょう。この作業は,ご家族全員でされるほうが良いと思います。人数が多いほど経験的情報量が多くなるのでよりその家庭に適した場所を選ぶことができると思います。

土地探し

新築住宅:土地探し

 土地探しを始める前に,どこに住むのかということを決めなければなりません。選択のためには様々な要素があります。
 高級住宅街といわれるところは,比較的環境もよいのですが,土地単価が高いため,限られた予算では小さな土地しか手に入れることができません。お子さんがいるところでは,学校区の問題があります。引越しをしたために「いじめにあう」といったことも聞きます。郊外の自然環境のいいところという考えもありますが,ご主人の通勤のことも考慮に入れることも大切です。
 最近は,高齢化が進み 郊外の持ち家を売却して大阪市内のマンション住まいをされる方もいます。市内のほうが交通の便も良いし,インフラが整備されているからです。

土地探し

新築住宅:土地探し-3

  次に,実際にそれらの場所を訪ねてみてください家族みんなでハイキング気分でいってらっしゃい。
どうですか,イメージ通りでしょうか?もしイメージ通りなら,その場所の駅前か近隣の不動産店舗に勇気を持って入りましょう。
 そして,具体的な地名と予算,情報が入った時の連絡先等を伝えておきます。忘れてはならないことは周辺の流通価格がどれくらいかを聞いておくことです。これは,情報が入った時に目安となります。そしてできれば一つの場所で,2箇所くらいの不動産屋に行くことをお勧めします。

土地探し

新築住宅:土地探し-4

 土地を探す際のもう一つの方法として,この段階から建築士を巻き込むことです。土地はその場所,方位,形状などで建物を制限します。ご存知のように建築物には建築基準法や,市町村条例建築協定などが当てはめられますが,それは土地のもつ場所の性格に大いにかかわってきます。
 専門家である建築士に依頼するとそれなりの報酬は必要ですが,始めにどのような住まいを考えているのかを話しておけば,形状や環境など目に見えるもの以外に,その土地にかかる法規制などを調べてふさわしいかどうかのアドバイスをもらえます。
 理想と思われる住宅にふさわしい土地を購入するには 最も良い方法でしょう


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。