ローコスト住宅について

ローコスト住宅-1

  最近,建築事務所などでも よく 耳にする言葉が ローコスト住宅 です。以前は建築事務所に住宅を頼むのは 大邸宅 しかないってユーザーは考えてきました。でも 決してそうではなく,一般の住宅にまで建築事務所が関わる謳い文句として 簡単に使うのが この ローコスト住宅という言葉です。
  しかし,ユーザーはこの言葉が 魔法の言葉で「建築事務所に頼めば,住宅建築も何だか安上がりにできるらしい」と思ってしまう人がいるようです。特に,最悪番組「ビフォア・アフター」で嘘のような値段を さも本当のようにTVで取上げたものだから,一般の施工業者はむちゃくちゃ儲けている,だから,建築事務所に頼めば 普通に建てて 安あがりできるような印象をつくってしまいました。
 最悪番組「ビフォア・アフター」に出るような工務店は,ある意味 PR代も含めているので,通常より安い値段で受けているのです。しかも構造検討などしていないので,見た目の表層部だけを辻褄あわせしているだけでお涙頂戴番組になってしまっているように私には映ります。だから,地震や,台風に耐えることだできるのかどうかは大いに疑問です。

ローコスト住宅について

ローコスト住宅-2

  住宅の工事金額は 一般的な工法で特殊な材料を使わない限り 概ね坪当り60??70万円ぐらいです。断熱性能を余分に増したり高価なシステムキッチンを使ったりすると100万円以上になるときもあります。逆に,間取りや材料・工法を工夫したり 建設会社の選定をしっかり行うことで単価を下げることも可能です
 建築事務所でローコスト住宅というのは,ある意味不要なところには断熱材を省いたり,高価なシステムキッチンじゃなく,手作りで使い勝手の良いシステムキッチンを提案して,不要なコストを抑えるところに意義があるのです。だから,ハウスメーカーが作るような住宅をそのまま持ってきて「安く作ってください」なんていわれても,魔法使いじゃあるまいし,できるわけないじゃないですか! 
 それより,その家庭にとって何が大事で何が省けるかという優先順位をきっちりと伝えることによって,ローコスト住宅は成り立つのです。

ローコスト住宅について

ローコスト住宅-3

 私はかつて 坪当り単価が45万円で木造3階建ての住宅を作ったことがあります。それはクライアントが
   1.どうしても建てたい
   2.資金はできるだけ集める
   3.優先順位は任せる
   4.時間はいくらか買っても我慢する   ,,,など

の建てたいという意識に燃えていたからできたのであると 今 振り返って考えています。設計に1年,施工店探しに1.5年かかりました。さらに,下地材の防腐剤塗布にはクライアントの家族全員に参加してもらって防腐剤,防蟻材を縫ったのです。しかし,出来上がったときはクライアントと二人で大感激でしたし,まさにこれが建築家冥利といえると思います。
  住宅建築の費用を考える時,現状の貯金・収入・その後の生活費などをにらんで,慎重に算出すべきです。ローコスト住宅とは自慢すべきものではなく,「新たな生活をしたい」という意思と「だけど本当に予算が無い」という経済事情により生まれるもので,そこに「でも建てる」という強い決意が必要だと思います。
 予算があるのなら無理の無い範囲で出来るだけ建設費にまわすべきでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。