建築士の設計 建築士による個人住宅 > マンション大規模修繕 > マンション修繕工事の後

マンション大規模修繕

マンション修繕工事の後

工事の準備段階,工事中と1年から3年ぐらい要することになります。その間さまざまな問題が浮かび上がり,同時に住民一丸となって解決に望まなければなりません。それぞれの段階で様々な手法があり,それはある意味で建築事務所のノウハウであるといえると思いますが,いずれにしても茨の道です。しかしその分,出来上がった場合,やり遂げた時には以前にはなかった親近感が芽生えるものです。竣工後,それで解散するのではなく今度はその親近感をベースに新たな管理組合,若しくは同好会の組織を結成してよりいっそう住民の新密度を深めるのはいかがでしょうか。それまでになかった新たなコミュニティーが形成されたらそれまでの苦労も報われるというものです。

<<マンションの現状把握 | 建築士の設計 建築士による個人住宅トップへ | 施工業者の決定>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。