建築士の設計 建築士による個人住宅 > 住宅設計って > 設計図は大事;契約

住宅設計って

設計図は大事;契約

 これらにそれぞれ特記仕様書がつき,最低限でも30枚から40枚の図面を作成します。それでも工事中に変更する時もあります。
 住宅相談のトラブル事例で契約書や図面を拝見すると,ほとんどの場合,契約書に2枚程度の図面が添付されているだけのものが多いです。特にハウスメーカーの場合「規格住宅だから出さないのが普通です」と説明しているようです。そして最後には「私はこうしてほしい」と「言った・言わない」で揉めることが多いのです。でもそれは後の祭りです。だから契約書と図面(出来れば要望事項も含めて)は,きっちりと作成した上で契約するようにしましょう。

<<住宅の設計って何? | 建築士の設計 建築士による個人住宅トップへ | その他の図面>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。